TEG

東北非常用発電負荷試験株式会社

“TOHOKU Emergency Generator ”

TEG

非常用自家発電機負荷試験サービス

 

TEGとは?

非常時に人命を守り、ライフラインを確保することが求められる非常用発電機。これに義務付けられた年に一回の負荷試験での動作点検業務を請け負うサービスです。

 

非常時にその力を発揮するはずの非常用発電機ですが、2011年の東日本大震災の時には、実にその70%近くが稼働できない状態にありました。原因の多くは整備不良による故障との調査結果から、一年に一回、発電機が実用に耐え得るように負荷試験を実施することが義務付けられました。

 

施設の管理者に代わり、この重要な作業を行わせて頂くことがTEGのサービスです。

 

◆負荷試験の重要性

発電機が動くかどうか、電源のみ入れての点検(無負荷点検)では、エンジン内にカーボン(すす)が堆積されてしまいます。

1年に1回は負荷試験を行い、堆積されたカーボンを燃焼、排出させておかなければ、非常時に発電機が正常に稼働せず、消火活動に支障を来すどころか、それ自体が火災を引き起こす危険があります。

 

TEGの利点

①当サービスの作業員は自動車のスペシャリスト
→ 発電機だけでなくエンジンにも強い! 万一両方がトラブルを抱えていても、一括しての対応が可能です!

②豊富な繋がりによる豊富な人材
→ お困りのお客様へ迅速な対応が可能です!

 

詳細はこちら